産後の股関節の痛みの原因とは?

産後の股関節痛の症状とは?

腰痛や肩こりと並んで、出産後の股関節の痛みに悩まされるママもとても多くなっています。

産後の股関節痛の症状には次のようなものがあります。

  • 歩くと明日の付け根がカクカクする
  • 振り返るとボキッと音がする
  • 長時間歩くと足の付け根がだるくなる

これは出産後の女性に多く見られる症状です。なぜ出産後に股関節が痛くなってしまうのでしょうか?

股関節痛の原因とは?

出産後に股関節が痛くなってしまう原因には、大きく分けて3つあります。

  • ホルモン「リラキシン」の影響
  • リラキシンには、出産時に赤ちゃんが産道を通りやすいように、関節や靭帯を緩めて産道を広げる働きがあります。このリラキシンの影響で骨盤がゆがみ、股関節の痛みにも影響してるのです。

  • 妊娠中の骨盤の開き
  • 妊娠中は、お腹の赤ちゃんが大きくなるのに合わせて、赤ちゃんのスペース確保のために徐々に骨盤が開いていきます。 骨盤が開くと、恥骨結合という部分に開くような力が加わります。この恥骨結合に大きな負担がかかることで、股関節への負担も強くなり、股関節痛が引き起こされるのです。

  • 筋肉の緊張
  • 骨盤が開くことで、逆にお尻の筋肉(大臀筋)が収縮し、股関節が開く方向に力が入った状態となります。この状態が長く続くと、股関節を内側にひねった時に痛みが出やすくなります。

    産後の股関節痛の治療方法

    ゆがんだ骨盤を元の位置に戻してあげることで、自然と股関節の痛みもなくなっていきます。

    しかし、出産時に開いた骨盤は、出産後すぐには元にもどらず、数ヶ月かけて徐々に元に戻っていきます。

    ただ、放っておけば完全に元の位置に戻るのではなく、きちんとケアをしないと歪んだ位置のまま固定されてしまうこともあります。

    骨盤ベルトや整骨院での骨盤矯正などで、骨盤を正しい位置に戻してあげるようにしましょう。整骨院での治療方法やおすすめ整骨院について、詳しくまとめました。(産後の股関節痛におすすめの整骨院はこちら)