産後の「骨盤矯正」とは?

産後に起こる辛い症状とは?

赤ちゃんを出産した後、女性の身体には様々な不調が引き起こされます。これは、妊娠中や出産時に起こる「骨盤のゆがみ」が原因になっていることが多いのです。

骨盤の歪みが原因で引き起こされる症状には、主に次のようなものがあります。

  • 腰痛
  • ぎっくり腰
  • 身体のゆがみ
  • 股関節の痛み

出産後の育児で忙しい時期に、このような症状に悩まされたら大変ですよね。このような症状を改善するにはどうしたらよいのでしょうか。

骨盤の歪みが元となって引き起こされる症状なので、骨盤を正しい位置に戻してあげることで症状が治まることが多いです。

ほっておくと怖い、産後ママのために骨盤矯正が必要な理由

出産のために一度歪んだ骨盤は、通常半年ほどかけてゆっくり戻ると言われています。しかし、元の正しい位置にしっかり戻るとは限らす、歪んだ状態で固定されてしまうこともあるのです。

また、出産後は授乳やオムツ替え、抱っこやおんぶで忙しく、ママの姿勢も悪くなりがちです。姿勢が悪いと骨盤のゆがみもなかなか治りにくく、長期間にわたってしまうこともあります。

骨盤を正しい位置に戻すためには、日頃から正しいケアをしていく必要があるのです。

いつから治療が必要?産後の骨盤矯正

骨盤矯正は、産じょく期と呼ばれる出産後1ヶ月を過ぎてから、半年以内に行うことが良いとされています。6ヶ月を過ぎも効果がないわけではありませんが、歪んだ骨盤と内臓の冷えにより、周囲に脂肪がつきやすくなってしまいます。なるべく産後6ヶ月以内を目安に取り組むと良いでしょう。

また、授乳中は赤ちゃんを抱っこしたり、普段と異なる姿勢をとることが多くなります。そのせいで、骨盤がさらに歪んでしまう原因にもなるのです。なるべく早いケアを心がけましょう。