産後のゆがみの原因とは?

産後のゆがみの症状とは?

妊娠中、女性の体内では「リラキシン」というホルモンが増えています。このリラキシンは、骨盤や靭帯、関節をゆるめる働きがあり、それによって産道を広げ赤ちゃんが出て来やすくなるのですが、このリラキシンが原因で骨盤もゆがんでしまうのです。

さらに、分娩中には一時的に骨盤が大きく広がります。広がった骨盤は出産後数ヶ月かけて徐々に元の位置に戻ると言われていますが、妊娠期間中に筋肉量が低下したり筋肉の柔軟性が失われてしまったりしているので、元の正しい位置に戻らないことが多いのです。骨盤の歪みがなかなか戻らず、長期的に続いてしまう人もいます。

産後の骨盤のゆがみについて悩んでいるママはとても多いです。骨盤の歪みは身体に様々な不調をきたすため、なるべく早くケアするように心がけましょう。

産後のゆがみの治療方法

歪みを改善するためには様々な方法があります。一つ一つ見ていきましょう

  • 姿勢を良くする
  • 産後に猫背や反り腰を続けていると骨盤の歪みは改善されません。産後は赤ちゃんのお世話などで大変な時期ですが、なるべく姿勢を意識するようにしましょう。ふと気づいた時に姿勢を正すだけでも良いでしょう。

  • 正座する
  • 妊娠中は骨盤が過度に前傾になってしまい、太ももの前側の筋肉が凝り固まってしまうことが多いです。正座をすると、凝り固まった筋肉が適度にストレッチされ、骨盤が正しい位置に修正されていきます。

  • 椅子に浅く座る
  • 妊娠中はお腹が張っているため、椅子に座る時に背もたれに頼り骨盤が後傾させる癖がつきやすくなています。産後は姿勢を意識し、背もたれに頼らないようにしましょう。

  • ストレッチする
  • 骨盤周辺やお腹周辺の凝り固まった筋肉を伸ばすストレッチも効果的です。

  • 筋肉トレーニング
  • 筋力が落ちることで骨盤が歪んでいることもあります。その場合には筋肉トレーニングで筋力をアップすることも効果的です。スクワットや腹筋で骨盤やお腹周辺の筋肉を鍛えるのが良いでしょう。

  • 整骨院で骨盤矯正を受ける
  • 整骨院で骨盤を調整してもらうのも良いでしょう。整骨院では患者さん一人一人の状態に合わせて、筋肉をほぐしたり、歪んだ骨盤を正しい位置に修正してくれます。また、自宅でできるケア方法についても聞くことができるので、まずは整骨院に相談してからケアを始めるのも良いでしょう。